糖尿病治療は江戸川病院。

 毎年恒例のクリスマスバイキングと医師による講義を12月12日(土)の13時から行いました。
 
 参加者は12名(会員)、4名(非会員)で16名の賑やかなイベントとなりました。
 料理は個別の体格に合わせて必要な熱量を算出して選択していただきます。
(糖尿病など治療している患者様で主治医より指示カロリーがある方はそれに沿います)
・主食はロールパン、ピラフ
・主菜はほうれん草のオムレツ、鶏の唐揚げ、鮭のクリームソースムニエル
・副菜はポテトサラダ、グリーンサラダ、ラタトゥイユ
・デザートはごまプリン、カボチャ蒸しパケーキ、抹茶蒸しケーキ

参加者はどれにしようか・・・・と自分に見合った栄養量に合わせて真剣に迷いながら、上手にバイキングができていました。
 
 篠崎先生もバイキングに参加し(1日1800キロカロリーで設定したのですがご本人はやや納得できていない様子でした)、一緒に食事をしました。
 その後に篠崎先生に「糖尿病の運動について」講義をして頂きました。
 参加者はほとんど野菜から、ゆっくり噛んで食べるといった食後血糖値を抑えるように工夫して食事されていました!
 
 参加された方からは「こんなにいっぱい食べられてよかった」、「みんなと一緒に食事をわいわいしながら食べられて良かった」、「講義もなかなか運動について機会が少ないのでとても参考になった」とコメントを頂きました。
 
 
 
 

当日のレシピはこちら

糖尿病のレシピ⑦
 
 
 
 

当日の写真

image3
image4
image1
image2