Site Overlay

内服薬

【経口血糖降下薬】
1種類だけでなく、数種類の薬剤を組み合わせて薬物療法を行うこともあります。
それぞれの特徴などについて記載してありますので、現在使われている薬について確認してみてください。

【インスリン抵抗性改善薬系】
① ビクアナイド薬(BG薬)
当院採用;メトグルコ
・作用機序;筋肉での糖の利用をうながし、肝臓で糖をつくるのを抑制することで血糖値を下げます。
・副作用;悪心・嘔吐などの胃腸障害、倦怠感、筋肉痛、低血糖
・注意事項;ヨード造影剤使用の際は、前後2日間は休薬が必要です。アルコールの多飲・脱水に注意してください。食事療法、運動療法を守ることでさらに薬の効果を良くできます。

② チアゾリジン薬(TZD薬)
当院採用;アクトス
・作用機序;インスリンの働きを高めることによって血糖値を下げます。
・副作用;むくみ、体重増加、低血糖
・注意事項;食事療法、運動療法を守ることでさらに薬の効果を良くできます。

【インスリン分泌促進系】
③ スルホニル尿素薬(SU薬)
当院採用;アマリール、グリミクロン
・作用機序;膵臓からのインスリン分泌を促進します。
・副作用;低血糖、体重増加
・注意事項;食事の前(空腹時)の運動は控えましょう。食事療法、運動療法を守らないと副作用が生じやすくなります。

④ 速効性インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
当院採用品;シュアポスト
・作用機序;膵臓からのインスリン分泌を促進し、食後の血糖上昇を抑えます。
・副作用;低血糖
・注意事項;食事の前(空腹時)の運動は控えましょう。食事療法、運動療法を守らないと副作用が生じやすくなります。 必ず食事を始める直前に服用する必要があります。お箸を持ったら飲むイメージで。

⑤ DPP-4阻害薬
当院採用品;グラクティブ、エクア、トラゼンタ、テネリア、オングリザ
ザファテック(週1回)
・作用機序;血糖値が高いときにインスリン分泌を促して、血糖コントロールを改善します。
・副作用;胃腸障害、低血糖
・注意事項;週1回のお薬(ザファテック)を飲み忘れた時は、気づいた日に1回分を飲み、その次からは決められた曜日に飲んでください。2回分を同時に服用しないでください。

【糖吸収・排泄調節系】
⑥ α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI薬)
当院採用品;グルコバイ、ベイスン、セイブル
・作用機序;炭水化物をブドウ糖に分解する酵素を阻害し、糖の消化吸収を遅延させることにより食後の血糖値を急激に上昇するのを抑えます。
・副作用;腹部膨満感、おなら、低血糖
・注意事項;食事を始める直前に服用する必要があります。お箸を持ったら飲むイメージで。
低血糖の際は必ずブドウ糖をとることが必要です。食事をゆっくり食べることで薬の効果を良くできます。早食いはしないように気を付けましょう。

⑦ SGLT2阻害薬
当院採用品;スーグラ、ルセフィ、デベルザ、ジャディアンス
・作用機序;体内の余分な糖を尿中に排泄させることで血糖値を下げます
・副作用;尿路感染症、脱水、性感染症、低血糖
・注意事項;服用を始めて1週間は多めに水分を摂ってください。

【配合錠】
経口糖尿病薬の中には異なった作用の2種類のお薬を合わせた配合剤もあります。
配合錠にすると、服用する薬の数が減り、飲み忘れを防ぐことが出来ます。また、別々に服用することよりお薬の価格が安くなることがあります。
当院採用の配合剤;
グルベス(グリニド薬+α-GI)
イニシンク(BG薬+ DPP-4阻害薬)
カナリア(DPP-4阻害薬+SGLT2阻害薬)
トラディアンス(DPP-4阻害薬+SGLT2阻害薬)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 江戸川くすのき会. All Rights Reserved.