糖尿病プラザ・江戸川くすのき会|江戸川区の糖尿病治療

江戸川くすのき会主催のイベントで12月は
「クリスマスバイキング」と阿部医師による「低血糖とシックデイ」の講習会を
平成24年12月15日(土)12時~14時 江戸川病院で行いました。

 
 

クリスマスバイキングでは、糖尿病食品交換表の単位に基づいて、各参加された方の標準体重から適正エネルギー÷80Kcal=○○単位という計算でバイキングをして頂きました。
詳細を言いますと、主に含有している栄養素で表が1~6区分されており、各表に色がついています。

参加者には事前に個人に合わせて各表の単位数のカードを配布し、そのカードと料理を交換する、という形式でバイキングして頂きました。

料理の種類は主食で2種類、主菜は10種類、副菜は2種類、デザートは4種類用意しました。副菜の野菜はサラダと煮物で、量は100g以上という設定にて結構ボリューム感のある食事になったかと思います。
「揚げ物、肉料理もあって、甘いものも食べられるの?!」という参加者からの声があり、「こんなに食べられる」と喜んでもらえたようです。

予め単位のカードを配布したこともあって混乱もなくバイキングできたようです。

今後も色々な企画を考案したいと思っておりますので、興味のある方は是非参加してみて下さい。
<栄養科柴田>

 
 

栄養指導では食べるものがいつも同じようなものになってきてしまうと話される患者様もいますが、今回は主食、主菜、副菜、デザートそれぞれ種類が豊富にあり、量は制限がありますが、食べたいものを自分で選ぶことができバイキングを楽しめたのではないかと感じました。                              
<栄養科千葉>

 
 

手作りのデザートは数種類あり、どれも好評でしたが、特にスイートポテトは1単位でもちょうど良い甘みとボリューム感があり患者様にも喜んでいただけた印象でした。
講義を聞きながら食べる形式で、食事の時間もいつもより長くとれたのではないかと思います。
<栄養科石川>
 
 

初めて単位や塩分、糖分を測った食事を食べてみましたが、とても美味しくびっくりしました。
参加者の方からもしっかり味がついていて美味しいとの声があったので、普段の食事の参考にして頂きたいなぁと思いました。             
<検査科>
 
 

阿部先生の分かりやすい講義+おいしいお食事でクリスマスにふさわしい豪華なイベントでした☆☆☆

バイキングはサラダ・揚げ物・スイーツ・ピラフ・パンとバリエーションにとんでいて、大満足でした♪

来年はトナカイの格好がしたいです。         
<江戸川くすのき会事務局>

 
 

私の単位は、20単位でした。ピラフと野菜の肉まきをたっぷり食べることができました。

どれも絶品でした☆

参加者から、「毎週やってほしい!」と好評でした。計量も楽しくできました。

第2弾たのしみです♪
<看護部(サンタ)>