糖尿病プラザ・江戸川くすのき会|江戸川区の糖尿病治療

Q:どんな運動をすればいいの?? 

A強すぎる運動は長続きしませんし、むしろ身体に悪影響を及ぼす危険性が高くなります。

運動療法では、その人の体力の40~60%程度の強さの運動が適しています。

有酸素運動

Q:ウォーキングしなきゃ駄目なの?

膝が痛くて…  たくさん歩けない  仕事が忙しい!

A:生活スタイルや体調に合わせて行えば大丈夫です!

①膝が痛い人は?

<膝に負担がかからない運動>

水中ウォーキングやストレッチ、筋力トレーニングなどがあります。

糖尿病運動①

 

②仕事が忙しい人は?

<通勤中や職場で運動>

こまめに動く、なるべく階段を使う、通勤中に歩く、デスクワークの合間に運動などがあります。

糖尿病運動②

 

 

③運動が嫌いな人は?

<家事や趣味も運動に>

てきぱき動けば家事や趣味活動も立派な運動になります。

糖尿病運動③

 

 

食後高血糖に対して

運動する時間帯が大事。食後1~2時間後(血糖値が最も高くなるとき)に運動や家事を行うことで、食後の血糖値上昇を抑えることができます。

インスリン抵抗性に対して

運動を継続することが大事。有酸素運動(楽~ややきつい位)を継続して行うことで、インスリンが効きやすい体になり、長期的な高血糖の改善に繋がります。

Q:どれくらいやればいいの?

A:① 週に3~5回(たくさんすれば良いというものではない)。

→運動による糖の取り込みは、24~72時間持続します。

→運動の効果は長くても3日で消失します。

② 3日続けて行うより、1日おきに実施する方が効果が高いです。

③ 有酸素運動は30分以上を目標に行いましょう

運動を生活習慣にすることが大事です。

*記事は、2013年10月8日 ブログより引用しています。