糖尿病プラザ・江戸川くすのき会|江戸川区の糖尿病治療

8月6日(日)に小岩アーバンプラザにて、糖尿病の料理教室を行ないました。
今回は、夏の暑さで食欲が低下しても必要な栄養素を補給できるさっぱりした料理でした。
☆冷やし汁(冷や麦)
(冷や麦、豚肉、トマト、豆腐、大葉、みょうが)

☆夏野菜ソテー
(茄子、マイタケ、ピーマン、ハム、ニンニク)

☆フルーツポンチ
(キウイフルーツ、バナナ、ミカン、炭酸水)

普段の栄養指導で麺料理は塩分が多く炭水化物だけになりがちで、栄養バランスがよくないと患者さん達の間では認識されがちですが、野菜をメインに具沢山にすることで汁の量が少なくても野菜やお肉のだしで美味しく食べられたと参加者の方たちに大変好評でした。

また、看護師さんより、「脱水」についてミニ講座を行ないました。室外で脱水になることは知られていますが、室内の方が脱水になりやすいことなどお話があり、参加者は驚いていました。脱水の対応策や予防策などの話が聞けて参考になったようです。

今後も「美味しく楽しく作れる料理」をモットーに料理教室を年に2回行なっていきたいと思います。次回は11月の予定です。是非ご参加ください。

江戸川病院 栄養科・看護部・江戸川くすのき会事務局スタッフより