糖尿病プラザ・江戸川くすのき会|江戸川区の糖尿病治療

 6月23日(土)メディカルプラザ江戸川喫茶店にて江戸川くすのき会のイベントを開催しました。今回のイベントは「低甘味料を使用した和菓子作り」と題し、講師に和食専門調理師の安齋日出男さんをお招きし、糖尿病の患者さん向けの低甘味料を使用した練りきり、水羊羹を作りました。

 練りきりとは白餡に食紅などの食用色素で彩色し、様々な形にした和菓子です。今回作った練りきりは1人分50g80kcal、水羊羹は70g40kcalです。完成した練りきりはケースに入れ持ち帰っていただき、水羊羹はお茶と一緒に皆さんで美味しくいただきました。  

今回江戸川くすのき会の1回目の料理教室でしたが、患者さんだけではなくスタッフも一緒になり様々な形の練りきりを楽しく作ることができました。患者さんからは「甘くて美味しい」「粘土遊びみたいで楽しかった」と感想がありました。

 今後も江戸川くすのき会では様々なイベントを予定しております。皆さん是非参加していただけるのをお待ちしております。

 

 

 

・      甘くて美味しくて、尚且つ形作って食べられ、そして低カロリー!!!とても楽しいイベントになりました。片手が不自由な参加者の方がいたので一緒に作ったのですが、私の美的センスがないためか「入れ歯みたい」と言われてしまいました(-。-)汗

(栄養科)

・      かわいいものから斬新なものまで個性溢れる練りきりが出来上がりとても楽しかったです。甘くて低カロリーの和菓子は糖尿病の患者さんだけではなく私たちにもうれしいポイントでした。(栄養科)

・      今回はこのような機会をもうけさせていただきありがとうございます。柴田管理栄養士様の斬新なアイディア「低甘味料和菓子作り」のお話を頂き、是非ともグリーンハウスとして参加させて頂きたく、今回のイベントのお話を進めさせて頂きました。

   当日は参加して頂いた方々との会話も楽しみながら、進めていくことができ、皆さまの笑顔も拝見することができました。短い時間ではありましたが、大変充実した時間を過ごさせて頂きました。また、この様な機会がありましたら是非ともよろしくお願い致します。(グリーンハウス 安齋)

・  初めての試みで限られた中での和菓子作りでしたが参加して頂いた方々の一生懸命な姿を拝見し、調理する側としてもさらに喜ばれるよう食事を提供していきたいと思います。(グリーンハウス 岡本)

 

・意外と甘い和菓子を食べることができることに驚きました。(薬剤科)

 

 

・少人数の会だったので、患者様と近い距離で一緒に楽しむことができました。

 「低カロリーなのにビックリするほど甘い!」こんなに感激したのは久しぶりです。

(看護部)

 

・患者様よりもスタッフの方が盛り上がっていた印象を受けました。

砂糖の変わりに甘味料であるステビアを用いた水羊羹の試食、白餡を用いた和菓子の創作を行いました。ステビアはショ糖の300倍の甘さがあるということを初めて知り勉強にもなりました。

水羊羹は甘党の私にはもの足りませんでしたが、糖尿病の方で甘いのを食べたいとき、またダイエットを考えている方にはステビアを用いると良いと思いました。

白餡を使用した創作では粘土遊びみたいで楽しかったのですが、センスの無い私にとっては難しく感じ、患者様の方がお店に出せるような素敵な和菓子に仕上がっていました。

                                    (検査科)

・会員の方たちよりも自分が夢中になってしまいました。

低甘味料でも十分に美味しい和菓子でした!!(江戸川くすのき会事務局)