糖尿病治療は江戸川病院。

理学療法士による講義を2019年1月26日(土)の13時から行いました。
参加者は4名(会員)でいつもと比較して静かなイベントとなりました。
料理は個別の体格に合わせて必要な熱量を算出して作られたお弁当で、主食のご飯のみ計量しました。メニューはひな祭りが近いため、以下の料理にしました。
・主食は、まぜごはん
・主菜は、鶏肉の山椒焼き
・副菜は、蓮根のベーコン炒め、カブの塩昆和え
・デザートは、レアチーズケーキ

参加者から、「低カロリーなのに食べごたえあって美味しい」「いつもより参加人数が少ないのでアットホームな感じで落ち着いて参加できた」と、好評でした。
お弁当を食べながら、糖尿病の運動療法について理学療法士による講義が行われました。
その後、患者様同士の談話会を行いました。お茶とデザートを一緒に食べながらの談話会でしたので、和みの場になり、ま
た、お互いの病気の事など含めて情報交換ができたようです。
江戸川くすのき会では、糖尿病の療養生活で少しでも役立つ情報を、イベントなどを通して定期的に発信しています。皆様のご参加をお待ちしております。